東京言友会は吃音の調査・研究に協力いたします。

 

吃音の当事者集団である一般社団法人東京言友会には毎年、大学や大学院、研究者からの調査・研究、卒業論文などの協力依頼が来ます。一方私どもも、どのような研究をされるのか、どんな結果がでるのかに関心を持っています。東京言友会は、研究に協力と支援をしたいと思います。吃音当事者と研究者の視点の協働によって吃音者の生活の質の向上が図られること願ってやみません。

言友会での調査・研究を検討されている方はまずご相談ください。その後に手続き、方法など具体的に相談させていただいて、実り多い、円滑な、お互い負担の少ない(言友会での調査・研究が重なることがあります。郵送などの費用も生じます。)方法を確認していきたいと思います。これまで、幾多の研究会が言友会でなされましたし、私どもも少なからずお役に立てたと、自負しております。連絡をお待ちします。(2015.9)

 

 

連絡は「お問い合わせ」より調査研究依頼として一度連絡をください。

(当団体内の調整があることを考え、4ヶ月から半年前より余裕をもって依頼をいただけると幸いです)